医療機関との並行受診|さいたま市浦和のTiara整骨院

さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

不運にも交通事故に遭い、傷害を負ってしまった場合
その傷害に対する賠償(治療費を含む)を交通事故の相手方に補償してもらうことができます。

 

交通事故で後方からの追突などで首を痛めてしまった場合、よく多いのがむちうちの状態とです。
実際にはむちうちという症状名はございません。
診断書には外傷性頚部症候群頚椎捻挫といった名称で記載されます。

 

このむちうちの場合
いくら治療しても改善されない場合を症状固定といい、後遺障害の等級認定を行うことができます。

 

しかし、他の症状と比較して後遺障害の認定を受けることは難しいでしょう。
特にむちうちの場合、治療を病院や整形外科ではなく整骨院のみに通う患者様ですと
後遺障害等級認定を受けにくいとされています。

 

もちろん、病院でもむちうちの治療はできます。
しかし、病院の場合、診療時間に間に合わない、シップや飲み薬だけの治療になりがちです。

 

ただ、後遺障害の等級認定を申請するには、病院にも定期的に診断を受け、6ヶ月以上の通院並びに症状固定の状態となっていることが必須条件です。
よって、6ヶ月以上の診断・治療を受けて症状固定の診断を受けられます。

 

さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

そこでさいたま市浦和のTiara整骨院では
整骨院と整形外科や病院などの並行受診をお願いしています。

 

整骨院では柔道整復師であり、柔道整復師ができるのは『施術』です。厳密に言えば医療行為ではありません。
そもそも、後遺障害の等級認定申請に絶対に必要となる後遺障害診断書は整骨院では発行できません。
(診断書を書くことができるのは医師のみです)

 

整骨院で発行される「施術証明書」は治療費の請求には役立ちますが、等級認定の申請においては効力がありません。
整骨院の場合、診療時間帯などによって病院よりも通いやすいという利点があり、治療も整骨院の方が充分手厚い治療ができます。
また健康保険を利用できますし、さらに自賠責保険における受領委任払いも使用できます。
交通事故などの入念なケアが必要な治療を受けるには整骨院が良いといえるでしょう。

 

とはいえ、ひどいむちうちに遭ってしまった場合は、後遺症が絶対に残らないとはいえません。
整骨院と医療機関の並行受診を行い、後遺障害となってしまった場合のリスクも考えておきましょう。

 

さいたま市浦和のTiara整骨院では
月2回の医療機関への受診をしてもらうように伝えています。

 

医師との診断を受けながら、むちうちの後遺障害などを残さぬよう
しっかりとした治療を続けていきましょう。

交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

 

さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

 

さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

 

さいたま市,浦和,交通事故治療,むちうち,整骨院

医療機関との並行受診|さいたま市浦和のTiara整骨院記事一覧

交通事故被害者は、日本国内で年間100万人以上にもなりますが、そのうち80万人以上の方にむちうち症が起きているといわれます。むちうちは交通事故でもっとも多い症状で、良い治療が受けられないといつまでも後遺症が続きます。そうして心身ともに気がめいってしまう方もおります。整形外科・病院に行き、レントゲン検査を受けて、特に異常がないと言われてしまうと痛みの原因は何なのかと思ってしまいませんか?あまりに症状...